11月19日午後6時2分ごろ「ほぼ皆既月食」 全国各地で観測好条件

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
皆既月食になる直前に撮影された月=2014年10月8日(国立天文台提供)
皆既月食になる直前に撮影された月=2014年10月8日(国立天文台提供)

 満月のほとんどが地球の影に隠れる部分月食が19日夕方、全国各地で見られる。月が地球の影に完全に隠れる「皆既月食」には至らないものの、月の約98%が欠けるため「ほぼ皆既月食」の状態になる。天気予報では関東以西の太平洋側を中心に晴れる見通しで、広い範囲で東の低い空に普段とは異なる月の姿を楽しめそうだ。

 国立天文台によると、月は北日本を除いて一部が欠けた状態で空へ昇ってきて、全国で19日午後6時2分ごろ、月の直径の97・8%が欠けて「食」の最大となる。欠ける程度が大きいことを「深…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

あわせて読みたい

ニュース特集