未来へつなぐ壁画 来年150周年、鳩ケ谷小6年が挑戦 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成したハトの壁画=埼玉県川口市で2021年11月4日、鈴木篤志撮影
完成したハトの壁画=埼玉県川口市で2021年11月4日、鈴木篤志撮影

 1872(明治5)年に創立され、川口市内で最も歴史がある同市鳩ケ谷本町の市立鳩ケ谷小学校で、6年生が壁画の制作に挑戦した。来年、学校創立150周年を迎えることから児童が企画。未来へつなぐ思いを乗せて羽ばたくハトの絵をカラフルに彩色して完成させた。

 校舎東側にある石庭の壁には、創立100周年で当時の児童が描いた地層の断面の絵があったが、劣化が進んだため新たな図柄で描き直すことになった。制作には6年生161人が参加し、武蔵野…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

ニュース特集