姫路・鳥インフル 防疫強化、入園者消毒へ コウノトリの郷公園 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 姫路市の養鶏場で新たに高病原性の鳥インフルエンザが確認されたため、豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷(さと)公園は17日、国の特別天然記念物のコウノトリを守る防疫対策段階を引き上げた。カモなどの野鳥の飛来を防ぐため、園内に点在する池の水抜きを開始。18日からは公園入り口手前の橋で入園者の靴底消毒を実…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

ニュース特集