連載

論プラス

「社説プラスα」として、論説委員がニュースをより丹念に掘り下げます。

連載一覧

論プラス

中国残留邦人帰国40年 老いる2世に支援必要=論説委員・河津啓介

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 中国残留邦人が1981年に初めて肉親捜しの訪日調査を果たし、永住帰国が本格化してから40年が過ぎた。本人や家族は帰国後、日本語の習得や就労に苦労し、不自由な生活を余儀なくされた。残留邦人本人に対する国の支援制度はこれまで整えられてきたが、2世は対象になっておらず、老後への不安を募らせている。戦争に人生を翻弄(ほんろう)された人々を社会がいかに支えるかが問われている。

この記事は有料記事です。

残り2379文字(全文2564文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集