米アップル、iPhoneの個人修理OK 純正部品購入可能に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アイフォーンのカメラやディスプレーを利用者が自分で修理できるようになる=アップル提供
アイフォーンのカメラやディスプレーを利用者が自分で修理できるようになる=アップル提供

 米アップルは17日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を個人で修理できるサービスを始めると発表した。ディスプレーや電池など修理の多い純正部品を利用者が直接購入できるようになる。2022年初めに米国で開始し、同年中に対象国を拡大する。日本での提供予定は明らかにしていない。

 同サービスは、ディスプレーや電池、カメラなど200種類以上の部品や工具、修理マニュアルを専用サイトで注文し、個人で故障した部品を修理することができる。…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集