特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

「演説会参加者への日当は選挙買収」 市民団体、自民・国光氏を告発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影

 衆院選期間中、茨城6区で当選した自民党の国光文乃議員(42)の応援演説会に岸田文雄首相が訪れた際、茨城県トラック協会の関連団体「茨城県運輸政策研究会」が参加者に日当を支払った問題で、市民団体のメンバーらが18日、日当は有権者買収に当たるとして、国光氏に対する公選法違反容疑の告発状を東京地検特捜部に提出した。

 提出後に東京都内で記者会見した大阪府豊中市の木村真市議は「金で買収した演出が有権者の投票行動、選挙結果を左右した可能性がある。民主主義の前提が崩れてしまう問題だ」と話した。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文557文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集