特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

藤井聡太「5冠挑戦」全勝で決めるか 敗れれば混沌 王将戦リーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最年少4冠を達成し、花束を贈られた藤井聡太新竜王=山口県宇部市で2021年11月13日午後7時57分、徳野仁子撮影
最年少4冠を達成し、花束を贈られた藤井聡太新竜王=山口県宇部市で2021年11月13日午後7時57分、徳野仁子撮影

 渡辺明王将(37)への挑戦権を懸けた第71期ALSOK杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)で19日午前10時、藤井聡太竜王(19)―近藤誠也七段(25)戦が始まった。藤井が勝てば、24日の最終一斉対局を待たずに初の王将位挑戦が決まり、敗れればリーグ戦参加棋士のうち4人に挑戦の可能性が残ったまま最終局を迎える。リーグ最終盤の挑戦権の行方を整理した。【丸山進/学芸部】

2戦残し全勝、ぶっちぎり

 7人による総当たりで戦うリーグは、4連勝の藤井が唯一の勝ちっぱなしでトップを独走。近藤が3勝1敗、永瀬拓矢王座(29)と羽生善治九段(51)が3勝2敗で追っており、以上の4人で挑戦権を争っている。

 19日の対局で藤井が近藤に勝つと1敗がいなくなり、藤井が最終局に敗れても単独トップは揺るがないため、初の王将挑戦に名乗りを上げる。藤井は竜王を奪取して史上最年少の4冠を達成したばかりだが、一気に5冠挑戦の舞台に立つことになる。

 両者は過去に5回対戦し、藤井が4勝1敗と圧倒。藤井は名人戦順位戦ではこれまで2敗しかしておらず、そのうちの1敗は2019年2月の第77期順位戦C級1組の対局で近藤に喫したもの。この敗戦で藤井はB級2組への昇級を阻まれ、近藤が昇級した。近藤はその後、さらに昇級し、現在は藤井と同じB級1組に所属する若手の実力者に成長している。

敗れると最終一斉対局突入

 19日に藤井が敗れた場合は、…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1295文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集