鳥インフル 「万全の防疫態勢で臨む」 入り口に消毒マット コウノトリの郷公園 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県立コウノトリの郷公園入り口に敷かれた靴底や関係車両タイヤ用の消毒マット=兵庫県豊岡市祥雲寺で2021年11月18日午前10時5分、浜本年弘撮影
県立コウノトリの郷公園入り口に敷かれた靴底や関係車両タイヤ用の消毒マット=兵庫県豊岡市祥雲寺で2021年11月18日午前10時5分、浜本年弘撮影

 姫路市の養鶏場での鳥インフルエンザ確認を受けて、豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、入園者の靴底や関係車両のタイヤを消毒するマットを公園入り口前の橋に敷き、防疫を強化した。野鳥のフンの落下も警戒し、公開中の観察広場の飼育コウノトリ6羽のうち3羽を非公開の飼育ゾーンに移し、残り3羽は広場…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

ニュース特集