読む写真

真っ白な「電波暗室」 音へのこだわり、アナログでもデジタルでも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
製品の電波を測定するための電波暗室=福井県越前市で2021年10月29日、望月亮一撮影
製品の電波を測定するための電波暗室=福井県越前市で2021年10月29日、望月亮一撮影

 真っ白な部屋の中で、壁と天井に取り付けられた電波吸収体が異様な雰囲気を際立たせる。福井県越前市の音響機器メーカー「オーディオテクニカフクイ」にある「電波暗室」だ。

 マイクやワイヤレスイヤホンなど電波を発する機器は、国ごとに規定が違い、それぞれ電波を調整する必要がある。高さ8・6メートル、奥行き20メートル、幅12メートルの空間で、外部からの電波を一切遮断して正確な電波を測…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集