子どもらが内装デザイン 来春移転開所、長久手の不登校児支援施設 大人と触れ合い人間関係学んで /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子どもたちが完成させる創造エリアの壁を案内する大沢孝明教育長=愛知県長久手市岩作で2021年11月10日、荒川基従撮影
子どもたちが完成させる創造エリアの壁を案内する大沢孝明教育長=愛知県長久手市岩作で2021年11月10日、荒川基従撮影

 長久手市教育委員会は、2022年4月に移転オープンする不登校児童・生徒の支援施設「N―ハウス あい」の壁や床の一部を、開所時にはあえて未完成のままにし、デザインなどを利用者の子どもたちに任せることにした。自己肯定感や達成感を得てもらうのと共に、その過程で内装業者などの大人と触れ合うことで人間関係を築く学習になると期待している。【荒川基従】

 現在のN―ハウスは市役所から1キロ以上離れた市民野球場の管理棟内にあり、約115平方メートルと手狭だ。移転先は市役所の隣にある3階建て(敷地面積約850平方メートル、延べ床面積約475平方メートル)の元民家で、3階以外の計約340平方メートルと庭を使用する。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文839文字)

あわせて読みたい

ニュース特集