満月横切る宇宙ステーションの姿捉えた 月食観測後に撮影

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
月食が終了した後の満月の前を右から左に横切る、国際宇宙ステーション(ISS)=山梨県大月市で2021年11月20日午前1時19分、手塚耕一郎撮影(動画から切り出した画像17枚を合成)
月食が終了した後の満月の前を右から左に横切る、国際宇宙ステーション(ISS)=山梨県大月市で2021年11月20日午前1時19分、手塚耕一郎撮影(動画から切り出した画像17枚を合成)

 ほぼ皆既となる部分月食が観測されてから約7時間後の20日未明、山梨県大月市で国際宇宙ステーション(ISS)が満月の前を横切る様子をカメラで捉えた。

 午前1時19分ごろ、約0・5秒の間に月の前を通過した。ISSは、高度約400キロを飛行していて、地球を約90分で1周している。深夜のため、ISSにも太…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

ニュース特集