特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

入国制限緩和されても… 実習生待つ企業「第6波」に戦々恐々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
約2700人いる留学生の3割が入国できていない立命館アジア太平洋大のキャンパス=大分県別府市で2021年11月12日午後0時13分、石井尚撮影
約2700人いる留学生の3割が入国できていない立命館アジア太平洋大のキャンパス=大分県別府市で2021年11月12日午後0時13分、石井尚撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限が8日から大幅に緩和され2週間となり、外国人の技能実習生や留学生の受け入れ準備が国内で始まっている。受け入れ側にとって制限緩和は朗報だが、手続きに時間がかかり、実際に入国できるのは数カ月先になるケースもある。「その間に感染の『第6波』が来たら……」。関係者は気をもみながら作業を急ぐ。

 「入国制限が緩和されたからといって今日、明日に来られるものではない。入国は来年1月末から2月になるのでは」。外国人技能実習生の受け入れ手続きなどを担う「協同組合福岡情報ビジネス」(福岡市)の武藤洋平事業部長(42)は話す。国の許可を受けた非営利の監理団体で、九州・山口の食品メーカーや自動車部品メーカーと実習生の「橋渡し役」になっている。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1389文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集