三重~る経済 伊勢観光「移動」も満足に=百五総合研究所・岡澤初樹 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <三重(みえ)~る経済>

 新型コロナウイルス感染症第5波が収まり、県内各地がにぎわい始めた。中でも伊勢神宮の10月の参拝者数は約35万人で、夏休み中の8月と比べて約9万人、緊急事態宣言中の9月からは、約20万人増加した。

 多くの観光客が訪れる伊勢市だが、課題は「移動・交通」だ。令和2(2020)年の伊勢市観光客実態調査によると、伊勢を訪れた観光客の満足度は、「景観・雰囲気」は93点と最も高いが、「移動・交通」に対しては、84点と調査項目の中で最も低くなった。平成26(2014)年調査以降、この傾向は続いており、観光客の満足度向上のため、地域では、「移動・交通」環境の改善を目指す動きがみ…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文744文字)

あわせて読みたい

ニュース特集