連載

まち探訪

熊本、宮崎、鹿児島で話題のスポットを紹介します。

連載一覧

まち探訪

水面にハート浮かぶ二俣橋 「恋人の聖地」で人気に /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ハートのできる石橋」で知られる二俣橋=熊本県美里町で2021年11月15日午前11時42分、城島勇人撮影
「ハートのできる石橋」で知られる二俣橋=熊本県美里町で2021年11月15日午前11時42分、城島勇人撮影

 陽光が差し込むと水面にハートの形が浮かび上がる――。そんなロマンティックな石橋が熊本県美里町にある。橋の名は「二俣(ふたまた)橋」。ハートがはっきり見えるのは秋から冬にかけての1日約30分限定と聞き、秋晴れの日を狙って現地を訪ねた。

 熊本市内から国道443号を車で南下すること約1時間。県のほぼ真ん中に位置する美里町に入ると「恋人の聖地」「二俣橋」の看板が目に留まる。細いアスファルトの町道を下ると、渓谷に2本の石橋が現れ、既に20人近くの見物客が「その時」を待っていた。

 石橋は釈迦院川と津留川の合流点にL字型で架かる「二俣渡(ふたまたわたし)」(長さ約28メートル、幅約3・3メートル)と「二俣福良渡(ふたまたふくらわたし)」(長さ約27メートル、幅約2・5メートル)。それぞれ独立しているが、連なって見えるため総称して「二俣橋」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1060文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集