特集

立憲民主党

立憲民主党に関するページです。

特集一覧

衆院選の敗因は? 立憲代表選4候補が討論 全員が「共闘見直し」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党の代表選(30日投開票)に立候補した4人が22日、日本記者クラブ討論会に参加した。衆院選敗北の総括や、共産党や連合との今後の距離感などについて議論が繰り広げられた。主なやり取りは以下の通り。【宮原健太、田中裕之】

衆院選の敗因

 記者 衆院選の総括。選挙前の世論調査では与野党伯仲状況を望む声が多かったが、残念ながらこういう状況。特に比例代表で議席を減らした敗因は何か。

 小川淳也氏 4年前が発射台になるので旧立憲で約1000万、旧希望で約1000万、2000万票近い得票が発射台になっていた、それからすると今回の1200万弱というのはかなり取りこぼし取り逃がしが大きい。それがいわゆる再三言うが、穏健保守層、自民党にいれるか迷っている人たちから吸引力、引きつける力が弱かった、結果としてウイングが狭まってしまった、党の現状の魅力、地力の弱さが出た、政権の受け皿として認…

この記事は有料記事です。

残り3719文字(全文4108文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集