木下富美子・東京都議が辞職の意向表明 無免許運転で在宅起訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する木下富美子都議=東京都庁で2021年11月22日午後6時13分、小川昌宏撮影
記者会見する木下富美子都議=東京都庁で2021年11月22日午後6時13分、小川昌宏撮影

 無免許運転を繰り返したとして道路交通法違反で在宅起訴された木下富美子東京都議(55)は22日夕、都庁で記者会見を開き、議員辞職する意向を表明した。

 会見で木下氏は、辞職を決意するに当たって、かつて所属していた地域政党・都民ファーストの会の特別顧問を務める小池百合子都知事とも話をしたとした上で、「このたびの過ち、本当に本当に申し訳なく思っております」と謝罪。「多くの都民、有権者の皆さまにおわび申し上げます」と述べ、頭を下げた。

 木下氏は問題発覚後、体調不良を理由に本会議や委員会を欠席していた。9日には都議会を訪れ、約4カ月ぶりに公の場に姿を見せて報道陣に議員活動継続への意欲を表明したが、都議会は木下氏への議員辞職勧告を全会一致で2度決議しており、都議らが反発。混乱が続いていた。【黒川晋史】

あわせて読みたい

注目の特集