連載

水中写真連載 So Blue

これまでに800回以上、海に潜った三村政司・写真記者が各地の美しい水中の風景をお届けします。

連載一覧

水中写真連載 So Blue

やんちゃな風貌の“イクメン”イバラタツ イバラの道歩ませるものは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
軟質サンゴに尾を絡ませ揺れるイバラタツ=高知県大月町で、三村政司撮影
軟質サンゴに尾を絡ませ揺れるイバラタツ=高知県大月町で、三村政司撮影

 タツノオトシゴの中でも、珍しいとされるイバラタツ。目の周りに濃いアイシャドーを入れたトゲトゲの姿は、鋲(びょう)を打ち込んだ衣装を着たヘビーメタルミュージシャンのようです。

 なのに、いつも何かに尾を巻きつけ、流れに身を任せゆらゆらしながらうつむいています。

 「昔は突っ張っていたけどな」などとつぶやきながら、子だくさんの男やもめが、場末の酒場でコップ酒を手に、止まり木に寄りかかっている昭和の風景に見えてしまいます。

◇    ◇    ◇    ◇    

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文827文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集