旧大口病院連続死 横浜地検と弁護側、双方が控訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
横浜地検=洪玟香撮影
横浜地検=洪玟香撮影

 横浜市の旧大口病院で入院患者3人の点滴に消毒液を混入して中毒死させたとして、殺人などの罪に問われた元看護師の久保木愛弓(あゆみ)被告(34)について、横浜地検は22日、無期懲役とした横浜地裁の裁判員裁判判決(9日)を不服として控訴した。弁護側も22日に控訴した。双方とも控訴の理由についてはコメントしていない。求刑は死刑…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

ニュース特集