連載

大坂なおみ専属・中村豊のトレーナー通信

大坂なおみ選手のトレーナーを務める中村豊さんが、トップ選手の生活から一般の方にも役立つ情報まで「最先端の世界」を語ります。

連載一覧

大坂なおみ専属・中村豊のトレーナー通信

「彭帥はどこ」そこまで言って大丈夫? 女子テニスに影響力大の中国

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国のテニス選手、彭帥選手を心配し、「彭帥はどこ」というハッシュタグを付けた投稿が広がっている=WTAの公式ツイッターから
中国のテニス選手、彭帥選手を心配し、「彭帥はどこ」というハッシュタグを付けた投稿が広がっている=WTAの公式ツイッターから

 「彭帥(ほうすい)はどこ」。中国の女子テニス選手が性的関係の強要を告発し、彼女の安否を気遣う声が広がっている。女子テニス協会(WTA、本部・米フロリダ州)のトップは中国市場からの撤退も辞さない構えを示した。素早い反応に、大坂なおみ選手の専属トレーナー、中村豊さん(49)は「そこまで言って大丈夫か」と驚きもあったという。それだけ、女子テニスには中国の影響力が増しているからだ。テニス界の受け止めを聞いた。

 11月からなおみは米ロサンゼルスで練習を再開し、私も合流しました。しばらく休んでいたので正直どうなるのかという気持ちがありましたが、いい感触です。なおみはすごくテニスが好きで、トレーニングをしながら自分にチャレンジする姿を日々見せています。

 そんな中、衝撃的なニュースが入ってきました。中国の彭帥選手(35)が中国共産党幹部に性的関係を強要されたとSNS(ネット交流サービス)で告白し、公に姿を見せなくなったと伝えられました。今は個人で発信する手段ができました。ところが、その投稿が30分ほどで削除されました。なおみも心配し、その思いをツイッターに書きました。とても大切な問題なので、今回はこの話題を取り上げたいと思います。

中国市場から撤退も、強気のWTA

 彭選手はグランドスラムのウィンブルドン選手権と全仏オープンのダブルスで優勝しています。すごくフェアな選手で、シングルスでもダブルスでも活躍し、これまでツアーに大きな貢献をしてきました。一緒に練習するようなことはなかったので、あまり彼女のことを知っているわけではありませんが、長年ツアーを回っているベテランなので、最初にニュースを聞いた時はどうしたんだろうと思いました。

 なおみや男子のトップ選手、ノバク・ジョコビッチ選手らがすぐに声を上げました。「彭帥はどこ」というハッシュタグ(検索目印)を付けたSNSの投稿が選手らの間で広がっています。

 この話題は米メディアでも大きく取り上げられていますが、WTAの反応には少しびっくりしました。スティ…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文2178文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集