特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

もっと社会人野球|都市対抗野球2021

/9 日本製鉄かずさマジック 主将復帰「健さん」のメモリアル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
都市対抗に向けた壮行試合であいさつをする日本製鉄かずさマジックの田中健主将。グラウンドには自身が考えた今季のスローガン「魂~練習は試合の如(ごと)く、試合は練習の如く」が掲げられている=千葉県君津市で2021年11月16日、円谷美晶撮影
都市対抗に向けた壮行試合であいさつをする日本製鉄かずさマジックの田中健主将。グラウンドには自身が考えた今季のスローガン「魂~練習は試合の如(ごと)く、試合は練習の如く」が掲げられている=千葉県君津市で2021年11月16日、円谷美晶撮影

 11月28日開幕の第92回都市対抗野球大会。出場全32チームの魅力を担当記者が伝えます。32回連載の9回目は君津市・日本製鉄かずさマジック。チームの精神的支柱「健(けん)さん」に迫りました。<次回は23日午後4時公開予定>

語り継がれる伝説の一打

 チームが拠点とする日本製鉄君津球場には、今季のスタート時に選手たちがそれぞれ書いた目標が掲げられている。昨季の反省、技術・精神面での取り組み――。その中で、何人もの選手に共通する言葉があるのに気付いた。

 「健さんに自チームで10年目表彰を受けてもらいたい」

 「健さんに絶対にかずさマジックのユニホームで10年目の都市対抗を迎えさせてあげたい」

 2年ぶりに主将に復帰し、チームを立て直してきた田中健(32)のことだ。3年ぶりの本大会出場を決めたナインには今季「都市対抗出場」という絶対的な目標に加え、一つの「裏テーマ」があった。「健さんを…

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2178文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集