NY株反発、17ドル高 パウエルFRB議長再任を好感 買い優勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ニューヨークの証券取引所=2019年7月(ロイター=共同)
 ニューヨークの証券取引所=2019年7月(ロイター=共同)

週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比17・27ドル高の3万5619・25ドルで取引を終えた。バイデン米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の再任を発表したことが好感され、買いが優勢となった。

 米金融政策運営を巡る不透明感が和らぎ、ダウの上げ幅は一時…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集