水を止められたパレスチナの村 イスラエル占領政策 頼みは雨水

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「存在が認められていない」パレスチナ人の村、スシヤに住むナセル・ナワジャさん=ヨルダン川西岸で2021年10月3日午前10時25分、三木幸治撮影 拡大
「存在が認められていない」パレスチナ人の村、スシヤに住むナセル・ナワジャさん=ヨルダン川西岸で2021年10月3日午前10時25分、三木幸治撮影

 ごつごつとした岩と砂地の山岳地帯に数十のテントが並ぶ。パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のスシヤ。ここはイスラエル政府から「存在が認められていない」パレスチナ人の村だ。イスラエルは村に水道や電気を引くことを認めず、生活用水は雨水に頼る。

拡大

 だが近年はその雨水も減っている。背景には、気候変動により干ばつや大雨といった異常気象が世界的に増えている影響もあるとみられる。「イスラエルの占領政策と気候変動。両方と闘うのは厳しい」。羊飼いのナセル・ナワジャさん(39)はそう話した。

 イスラエルは1967年の第3次中東戦争で、パレスチナ人が住むヨルダン川西岸を占領。93年のオスロ合意で西岸の一部はパレスチナ人による自治が認められた。だがスシヤを含む約6割の土地は、今なおイスラエルが行政権・警察権を握り続けたままだ。

 イスラエル軍は86年、スシヤの住民に強制退去を命じ、住宅を破壊した。この土地からユダヤ人の古代遺跡が発掘されたためだった。住民は近くの土地に移動したが、軍は91年、再び強制退去を命じた。ナセルさんら約350人は今、さらに別の土地で暮らす。国際社会では占領地での住民迫害は国際法違反との意見が大勢だが、イスラエルは住民への退去命令については合法と主張し、その姿勢を変える気配はない。

雨水をくみ出すナセル・ナワジャさん=ヨルダン川西岸スシヤで2021年10月3日午前10時7分、三木幸治撮影 拡大
雨水をくみ出すナセル・ナワジャさん=ヨルダン川西岸スシヤで2021年10月3日午前10時7分、三木幸治撮影

 住民はこれまで近くの村から数回にわたり水道管を敷いたが、そのたびにイスラエル軍に破壊された。頼みの綱は雨水だが、住民によると、降水量は10年前に比べ2割ほど減ったという。住民は足りない水をパレスチナの企業から買うが、1カ月で400シェケル(約1万5000円)ほどかかる。これは住民の平均月収の3割に相当するという。

 世界銀行などによると、中東では2050年までに気温が最大4度上がる可能性があり、その場合は降水量も最大6割減るという。

 ナセルさんは話す。「なぜ先祖伝来の土地に住むことが、こんなに苦痛を伴うのか」【スシヤ(パレスチナ自治区ヨルダン川西岸)で三木幸治】

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集