特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

タリバン「恐怖政治」の象徴、勧善懲悪省が女優出演ドラマの放映禁止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市内を警戒するタリバン兵士=カブールで2021年11月17日、AP
市内を警戒するタリバン兵士=カブールで2021年11月17日、AP

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンの暫定政権は21日、テレビ番組や映画の放送に関する指針を出し、テレビで女優が出演するドラマを放送することを禁じた。またニュース番組などに女性が出演する際は、髪を隠す「ヘジャブ」を着用することも求めた。指針は、旧タリバン政権下(1996~2001年)で女性の権利を抑圧したなどとして批判された勧善懲悪省から出された。

 指針は8項目あり、イスラム法(シャリーア)やアフガンの価値観に反する映画を放送しないこと▽「不道徳」を広める外国文化を紹介する国内外の映画を放送しないこと▽男性出演者が身体を過度に露出しないこと――などを求めた。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文506文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集