ウエークボード世界大会、14歳・岸田ひなのV ダムダムロール成功

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9月の世界大会で技を披露する岸田ひなのさん=父英章さん提供
9月の世界大会で技を披露する岸田ひなのさん=父英章さん提供

 米国で9月に開かれたウエークボードの世界大会で、兵庫県川西市の岸田ひなのさん(14)=市立清和台中学3年=が優勝した。ウエークボードは、ボード(板)に乗りモーターボートに引かれながらジャンプなどの技を次々に繰り出す水上スポーツ。岸田さんは国内最年少でプロに昇格した期待の星だ。今夏の東京オリンピックでも金メダリストが誕生するなどスポーツ界で10代が活躍する中、岸田さんは「世界ランキング1位になりたい」と夢を広げる。

 岸田さんがウエークボードを始めたのは小学5年だった2017年秋。趣味で楽しんでいた父英章さん(39)の勧めで、琵琶湖の練習場に行き、ボードを着けた。「最初は泣いてました」と笑う。怖くて、ボードの上に立って水上を滑ることができなかった。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1448文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集