生理のこと、アニメに! 高知の中学生、DVD自主制作

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台本の読み合わせをする土佐女子中の生徒たち=同校提供
台本の読み合わせをする土佐女子中の生徒たち=同校提供

避難所でナプキン1人1枚って…/声上げるのもタブー視されている/でも自分たちだからできるテーマ

 月に1度訪れ、女性を悩ませることも多い生理。近年は生理についてオープンに話せる社会を目指す動きもあるが、依然としてタブー視する風潮は強い。一方、お金がなく生理用品を買えない「生理の貧困」など社会問題にもなっている。「まずは知ってもらうことが大事」。高知の女子中学生が立ち上がった。

 高知市の私立土佐女子中学校。「まずは、正しく理解して、相手を思いやるのが大切よ」。6人の生徒たちが教室で読み合わせているのは、現在制作中の生理に関する動画の台本だ。

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集