「盤寿」たたえる駒の音 将棋連盟但馬支部、津崎さん祝い大会 豊岡 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「盤寿」を控え対局に臨むアマ五段の津崎澄男さん(左)=兵庫県豊岡市の県立但馬文教府で2021年11月21日午前10時25分、浜本年弘撮影
「盤寿」を控え対局に臨むアマ五段の津崎澄男さん(左)=兵庫県豊岡市の県立但馬文教府で2021年11月21日午前10時25分、浜本年弘撮影

 将棋盤のます目の数、縦9列・横9列の計81にちなんだ81歳を祝う「盤寿(ばんじゅ)」を控えた養父市八鹿町のアマ五段、津崎澄男さん(79)にちなみ、日本将棋連盟但馬支部(大槻稔支部長)は21日、「盤寿記念杯争奪将棋大会」を豊岡市の県立但馬文教府で開催した。

 大会は実力を維持する津崎さんの努力をたたえ、さらに新型コロナ流行で支部の大会が2年にわたり途絶えていた…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

ニュース特集