コロナ対策など、39.8億円の補正案 県が提出へ /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は30日開会の県議会11月定例会に、新型コロナウイルスの感染第6波対策を盛り込んだ総額39億8100万円の2021年度一般会計補正予算案を提出する。コロナ対策は33億5838万円を計上。病床を確保する医療機関を支援し、宿泊療養施設の一部を臨時の医療施設として整備する。子供の検査・診察体制を強化し…

この記事は有料記事です。

残り63文字(全文213文字)

あわせて読みたい

ニュース特集