佐世保の女子高校生殺害、23歳元少女の少年院収容継続が確定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療少年院送致の決定後、少女を乗せて長崎家裁を出る車=長崎市で2015年7月13日午後1時59分、和田大典撮影
医療少年院送致の決定後、少女を乗せて長崎家裁を出る車=長崎市で2015年7月13日午後1時59分、和田大典撮影

 長崎県佐世保市で2014年7月、高校1年の女子生徒(当時15歳)を殺害し、第3種(医療)少年院に送致された元少女(23)について、収容を継続するとした長崎家裁の決定が23日付で確定した。少年院の収容は23歳未満までだが、第3種は精神に著しい障害がある場合は26歳になるまで延長を認める規定がある。

 長崎家裁は元少女の精神状態などから延長…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文230文字)

あわせて読みたい

ニュース特集