世界最高齢で無寄港の太平洋横断に挑戦へ 海洋冒険家・堀江謙一さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 世界で初めてヨットによる単独太平洋横断に成功した海洋冒険家の堀江謙一さん(83)が2022年、無寄港での太平洋横断に再び挑戦する。成功すれば、世界最高齢での達成になるという。堀江さんは24日に東京都内で記者会見し、初の単独太平洋横断をつづった航海日記の題名を挙げて「『太平洋ひとりぼっち』から60年の節目。全力を尽くして頑張る」と意気込みを語った。

 来年3月に米国のサンフランシスコを出発し、約3カ月かけて兵庫県西宮市の新西宮ヨットハーバーを目指す。1962年に23歳で初めて単独で太平洋横断に成功したのと逆の航路。ヨットの船体の長さも当時の「マーメイド号」と同じ5・83メートルで挑む。今回は太陽光パネルを搭載し、無線や航海用のランプを自家発電でまかなう。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文703文字)

あわせて読みたい

ニュース特集