富士急ハイランド 観覧車のドア、閉め忘れる 客2人乗車

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大観覧車「シャイニング・フラワー」=富士急ハイランド提供
大観覧車「シャイニング・フラワー」=富士急ハイランド提供

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は24日、10代の来園者2人が乗った大観覧車(最上部の高さ約50メートル)のゴンドラのドアが全開の状態で1周したと発表した。乗客にけがはなかった。同園では人気ジェットコースター「ド・ドドンパ」で乗客が骨折するなどの負傷が相次ぎ、安全対策を講じている最中。岩田大昌社長は記者会見で「信頼回復の最中での事案で深くおわびします」と謝罪した。

 今回の問題を受け、設備点検などを終えるまで、すでに営業を休止しているド・ドドンパなどに加え、大観覧車や「鉄骨番長」などアトラクション6種類の休止を決めた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文709文字)

あわせて読みたい

ニュース特集