特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

「ケアラー条例」議員提案へ 県議会でいばらき自民 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県内2大学の学生を招いて開かれた意見交換会=水戸市笠原町で、2021年11月9日午後1時57分、小林杏花撮影
県内2大学の学生を招いて開かれた意見交換会=水戸市笠原町で、2021年11月9日午後1時57分、小林杏花撮影

 県議会最大会派のいばらき自民党は、家族の介護や世話を担う子ども「ヤングケアラー」への支援を盛り込んだ条例案を、24日に開会した県議会で議員提案する方針を固めた。可決されれば、都道府県条例としては埼玉県に続き2例目となる。【小林杏花】

学生と意見交換し案作成

 条例案は、いばらき自民党が今年1月に立ち上げたプロジェクトチーム(PT)が中心となり、勉強会や大学生との意見交換会、パブリックコメントなどを経て作成。案では、疾病や障害などで援助が必要な家族などを無償で介護する18歳未満の子どもを「ヤングケアラー」と定義。この年代は、社会を担う力を養う時期であることを踏まえ、「適切な教育機会の確保や自立が図れるよう、十分配慮する必要がある」としている。

 県に対しては、相談体制の整備や就学・就業支援などの施策を盛り込んだ「推進計画」の策定や成果の公表を求めるほか、市町村などにも協力を求める。教育機関は日常的にヤングケアラーに関わる可能性があるとして、生活環境を確認し、支援の必要性を把握するよう定めている。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1277文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集