唐津市、天徳の湯を廃止に ひれふりホールも 議案発表 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 唐津市は24日、30日開会の市議会定例会に提出する議案を発表した。今年度限りで温浴施設「おうち天徳の湯」を廃止する条例案の他、総額約58億8900万円の一般会計補正予算案に「ひれふりランド高齢者交流センター(ひれふりホール)」廃止・解体の関連費178万円を盛り込んだ。

 天徳の湯は8月に基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されて休館中で、運営業者との指定管理契約が終了する2022年3月末で廃止に。温泉の流出量減少で19年夏から水道水を沸かして営業…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

あわせて読みたい

ニュース特集