オスプレイから水筒落下 沖縄米軍、宜野湾の住宅街

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍普天間飛行場所属のオスプレイから水筒が落下した住宅付近=沖縄県宜野湾市で2021年11月24日(琉球新報提供)
米軍普天間飛行場所属のオスプレイから水筒が落下した住宅付近=沖縄県宜野湾市で2021年11月24日(琉球新報提供)

 23日午後6時45分ごろ、沖縄県宜野湾市野嵩(のだけ)2の住宅の玄関先に、上空を飛行していた米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機オスプレイからステンレス製の水筒が落下した。米軍から確認した防衛省沖縄防衛局が24日朝に県に連絡した。けが人は確認されていない。

 県警や宜野湾市などによると、住民が23日夜、玄関先に水筒が落ちていることに気付いた。水筒は直径約13センチ、長さ約25センチ。落下の衝撃でへこみ、中には水が入っていた。住宅の防犯カメラにも上空から物が落下して破裂する様子が映っていた。現場は宜野湾市役所北側の住宅地。普天間飛行場の北東側に位置し、滑走路の延長線上にある。

 普天間飛行場が市面積の4分の1を占める宜野湾市では、米軍機を巡る事故やトラブルが頻発。2004年8月には普天間飛行場に隣接する沖縄国際大に米軍大型ヘリが墜落。17年12月には、今回の現場から約500メートル離れた緑ケ丘保育園の屋根に米軍機の部品が落ちているのが発見され、その6日後に普天間飛行場に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に米軍大型ヘリの窓が落下した。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集