岡山・総社の4人重軽傷事故 運転の64歳男性を処分保留で釈放

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡山地検が入る岡山法務総合庁舎=松室花実撮影 拡大
岡山地検が入る岡山法務総合庁舎=松室花実撮影

 岡山県総社市の国道交差点で4日、横断歩道を渡っていた幼稚園児ら4人が車にはねられ、園児を含む2人が重体、2人が重軽傷を負った事故で、県警に自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕された会社役員の男性(64)=同県新見市=について岡山地検倉敷支部が処分保留で釈放したことが25日、判明した。24日付。同支部は釈放の理由を明らかにせず、在宅で捜査を続けるとしている。【岩本一希】

あわせて読みたい

注目の特集