葛飾区新庁舎へ、28年度ごろ移転 整備費247億円 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 葛飾区は25日、区庁舎について京成立石駅北口再開発の東棟が完成予定の2028年度ごろの移転を目指すと発表した。記者会見で青木克徳区長は「本館と議会棟は築59年で老朽化が進んでいる。建て替えで区民サービス向上や防災機能強化ができる」と説明した。

 発表によると、新区庁舎の整備費は247億2000万円で…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集