書の甲子園 県立甲府西2年・大関悠吾さん秀作賞 海外で書道教えたい /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秀作賞を受けた大関悠吾さん=甲府市の県立甲府西高で2021年11月18日、照山哲史撮影
秀作賞を受けた大関悠吾さん=甲府市の県立甲府西高で2021年11月18日、照山哲史撮影

 第30回国際高校生選抜書展(書の甲子園)の審査結果が25日、発表され、県立甲府西2年の大関悠吾さん(16)が県内最高の秀作賞を受けた。高校で書道部に所属し、全国規模のコンクールに初めて出品しての受賞。「入賞するとは思っていなかった。来年は練習を重ね、全国一番を目指したい」と意欲満々に喜びを語る。

 書道を始めたのは、小学2年の終わりごろ。字を書いたり、絵を描いたりするのが好きで、書道の師範である叔母から勧められた。自宅近くの書道教室に通ったが、才能を見初められ、「(叔母が指導する教室に)修業に行…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

あわせて読みたい

ニュース特集