観光など6項目で連携 楽天Gと長門市が協定 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
包括連携協定を結んだ長門市の江原市長(左)と楽天グループの野原執行役員
包括連携協定を結んだ長門市の江原市長(左)と楽天グループの野原執行役員

 長門市と楽天グループ(本社・東京)は25日、6項目の包括連携協定を結んだ。同様の協定は全国の自治体で40番目で、県内では初めて。

 連携項目は観光サービス▽電子商取引(EC)化事業▽市産品の販路拡大▽ふるさと納税推進▽農業サービス▽市内の活性化。市産品の販売拡大では、インターネット通販サイト「楽天市場」に市の公式アンテナショップを設ける。観光サービスでは、台湾楽天カードが広告・宣伝手段として自社で保有するメディアを使い、台湾のユーザーに市の情報…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

あわせて読みたい

ニュース特集