石木ダム着工も抗議続く 強制収用に現実味 専門家は歩み寄り呼び掛け /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
本体工事が始まり、山の斜面が掘削される石木ダムの上部部分(中央)。奥は水没予定地の集落
本体工事が始まり、山の斜面が掘削される石木ダムの上部部分(中央)。奥は水没予定地の集落

 川棚町に計画され、水没予定地に今も13世帯が住み続ける石木ダムで、土地・建物を強制収用する行政代執行が現実味を帯びてきた。1975年度に事業採択され、座り込みなどの活動で長年着工が見送られてきたが、今年9月、抗議の動きが続く中で、県が本体工事に着手した。現状のまま工事が進めば強制収用は避けられない。専門家は「代執行は双方が痛手を負う」とし、行政と住民に歩み寄りを呼び掛ける。

 「これ以上の先延ばしは難しい」。ダムの本体工事が始まった翌日の9月9日、中村法道知事は険しい表情で語った。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1176文字)

あわせて読みたい

ニュース特集