特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

社説

校内で中3刺され死亡 悲劇に至った経緯解明を

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 愛知県弥富市の市立中3年の男子生徒が、校内で腹部を刺されて死亡した。同学年の男子生徒が現行犯逮捕され、殺人容疑で送検された。

 登校直後に起きた衝撃的な事件だ。現在は別のクラスだが、同じ小学校に通い、中学2年時は一緒のクラスだった。

 2人の間に何があったのか、なぜ、こうした事態に至ってしまったのか。細心の注意を払いつつ、経緯を解明する必要がある。

 逮捕された生徒は始業前に、被害生徒を廊下に呼び出していた。凶器の包丁はインターネットを通じて購入し、かばんに入れて登校したという。

 捜査で明らかになってきた状況からは、計画性がうかがわれる。調べに「嫌がらせをされた」と供述している。

 ただし、14歳の少年である。自分の意思や行動を正確に説明できるとは限らない。慎重な捜査が求められる。

 経緯の解明には、学校や市教育委員会による徹底した調査も必要である。

 校長は記者会見で、2人の間のトラブルについて「思い当たるところがない」と説明している。いじめの有無を問う市教委のアンケートには、2人に関する記載はなかったという。

 今後、弁護士や医師らで構成する第三者委員会も設置される。事件の予兆はなかったのか、防ぐ手立てはなかったか、検証しなければならない。

 被害生徒は刺された後、自分の教室に戻って倒れたという。教室内には当時、クラスのほとんどの生徒がいた。

 目撃した生徒たちが大きなショックを受けたことは、想像に難くない。心のケアが不可欠だ。高校受験を控えた時期でもある。

 全校生徒が138人と、それほど規模が大きい中学校ではない。居合わせなかった生徒も含め、カウンセリングをはじめとした支援体制を、教育委員会などは整えるべきだ。

 子どもが子どもによって命を奪われるという悲劇を、繰り返してはならない。

 学校と家庭、社会が連携しながら、命を大切にするための教育を粘り強く進める必要がある。

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集