スポーツ×α

ウエア、ファッション革命 デザイン性重視、好循環

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全日本スキー連盟の記者会見でウエアを披露するジャンプ男子の小林陵侑(左)とスキークロス男子の須貝龍=2日
全日本スキー連盟の記者会見でウエアを披露するジャンプ男子の小林陵侑(左)とスキークロス男子の須貝龍=2日

 北京冬季五輪が迫ってきた。赤を基調としたウエアに身を包んだトップアスリートたちが、まばゆいライトを浴びる。ファッションショーさながらの光景は、東京都内のホテルで11月に行われた全日本スキー連盟主催の記者会見での一コマだ。スキーウエアといえば、かつては防寒性が優先され、正直に言ってオシャレとは程遠かったように思う。いつからこんなにカッコよくなったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文1972文字)

あわせて読みたい

ニュース特集