西日本FH、九州リースを持ち分法適用会社に 経営基盤強化図る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
西日本フィナンシャルホールディングスの村上英之社長(左)と、九州リースサービスの礒山誠二社長=福岡市博多区で2021年11月25日午後4時3分、久野洋撮影
西日本フィナンシャルホールディングスの村上英之社長(左)と、九州リースサービスの礒山誠二社長=福岡市博多区で2021年11月25日午後4時3分、久野洋撮影

 西日本フィナンシャルホールディングス(FH)は25日、九州リースサービス(福岡市)を、2022年10月をめどに持ち分法適用会社にすると発表した。企業への融資と機械設備のリース営業で連携し、経営基盤の強化を図る。

 西日本FHは、傘下の西日本シティ銀行と合わせて九州リースの発行済み株式の9・49%(2…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集