関西スーパー、H2Oとの統合予定を12月15日に延期 仮処分受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西スーパーの店舗=大阪市福島区で2021年9月5日、井口彩撮影
関西スーパーの店舗=大阪市福島区で2021年9月5日、井口彩撮影

 関西スーパーマーケットは26日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの経営統合の手続き予定日を12月1日から同15日に延期すると発表した。神戸地裁が手続きの差し止めを命じた仮処分を22日に決定したため。関西スーパーは決定取り消しを求める異議を申し立てたが、高裁を含めた最終的な司法判断が1日までに出ない可能性を考慮した。

 関西スーパーは1日にH2O傘下のスーパー、イズミヤ、阪急オアシスとの間で株式交換を実施する予定だった。差し止めの仮処分は首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)が申し立てた。関西スーパーの異議への地裁判断は近く出る見通しだが、認められなければ関西スーパーは大阪高裁に抗告する予定だ。逆に認められてもオーケーは抗告が可能で、1日の株式交換は事実上困難となっていた。

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文450文字)

あわせて読みたい

ニュース特集