特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北海道、寒さ本格化でコロナ警戒 専門家「換気の徹底を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ススキノ交差点=札幌市中央区で2020年5月1日、貝塚太一撮影
ススキノ交差点=札幌市中央区で2020年5月1日、貝塚太一撮影

 道内は、札幌市で昨年より半月遅れて19日に初雪を観測するなど寒さが本格化し、空間が密閉されることが多くなっている。昨年も初冬に入った11月以降、新型コロナウイルスの感染者が急増したことから今後の感染再拡大が懸念されており、専門家は「換気の徹底を」と注意を呼び掛けている。

 道内の新規感染者数は10月中旬以降、減少傾向が継続。10月25日には1人になるなど、11月上旬まで1ケタ~10人台が続き、感染状況は落ち着いていた。

 しかし、旭川市の繁華街「3・6街」を中心にカラオケのある飲食店などでクラスター(感染者集団)が相次いだほか、札幌市の医療機関で60人超の大規模クラスターが発生するなど一時増加に転じた。11月16~18日の感染者は3日連続で20人を超えた。その後、21日に全国最多の25人となったのを除けば、おおむね10人台で推移している。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文929文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集