福島県富岡町と友好の記念植樹 杉戸町、道の駅で /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
友好都市締結10周年の記念植樹をする古谷松雄杉戸町長(左)と山本育男福島県富岡町長=埼玉県杉戸町内で2021年11月5日、古賀三男撮影
友好都市締結10周年の記念植樹をする古谷松雄杉戸町長(左)と山本育男福島県富岡町長=埼玉県杉戸町内で2021年11月5日、古賀三男撮影

 杉戸町はこのほど、福島県富岡町との友好都市締結10周年として町内の道の駅「アグリパークゆめすぎと」で記念植樹式を行った。2020年11月に10周年を迎えていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。

 5日の植樹式では古谷松雄杉戸町長と山本育男富岡町長が、ソメイヨシノの苗木を植樹した。苗木は富岡町を通じて福島県農林種苗農業協同組合から提供され、杉戸町役場の中庭で18年6月から育てられた。植樹を終えた古谷町長は「今後も互い…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集