特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

県推薦の松本深志、表彰 センバツ21世紀枠 「日々精進する」 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加藤尚也・県高野連会長(左)から表彰状を受け取る宮下敏尚・松本深志主将=長野県松本市の同高教育会館で2021年11月26日、武田博仁撮影 拡大
加藤尚也・県高野連会長(左)から表彰状を受け取る宮下敏尚・松本深志主将=長野県松本市の同高教育会館で2021年11月26日、武田博仁撮影

 来春の第94回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の21世紀枠の県推薦校に選ばれた松本深志(松本市)の表彰式が26日、同校であった。

 県高野連の加藤尚也会長は「伝統と格式のある深志野球を披露できるよう期待している」と激励、宮下敏尚主将(2年)に表彰状を手渡した。宮下主将は「感謝の気持ちを忘れず、高校球児として模範の行動を示し、自分たちの力を遺憾なく発揮できるよう日々精進する」と語った。

 松本深志は1876(明治9)年創立の伝統校で、野球部も96(明治29)年の創部。県内有数の進学校であり、勉強と部活動の相乗効果を認め、一体として取り組むとする「文武不岐」を掲げる。また、前身の旧制中学時代から「生徒の自治」を教育理念として重んじる。こうした考えから、野球部も定時に練習を終了させたり、「週休2日制」を採用したりして学習や自主練習にあてるほか、練習メニューについても部員自身が考えて取り組むことを重視。今秋の県大会ではベスト8進出を果たした。

 21世紀枠については12月10日、北信越地区を含む全国9地区で各1校の候補校が選ばれ、2022年1月28日の選考委員会で出場校3校が決まる。【武田博仁】

あわせて読みたい

ニュース特集