特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

主将「一日一日大事に」 センバツ21世紀枠 県推薦の相可高表彰 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県高野連の岩出卓会長から表彰状を受け取る相可の吉川秀明校長(中央)=三重県多気町相可の相可高校で2021年11月26日、寺原多惠子撮影 拡大
県高野連の岩出卓会長から表彰状を受け取る相可の吉川秀明校長(中央)=三重県多気町相可の相可高校で2021年11月26日、寺原多惠子撮影

 来春の第94回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)の「21世紀枠」県推薦校に選ばれた相可高校(多気町相可)で26日、表彰状伝達式が行われた。

 相可は2021年の秋季東海地区高校野球県大会でベスト8に進出した。県大会3位の津田学園に敗れたが、近年の試合成績が良好だった。

 さらに、大卒以上が挑むことが多い、難関の国家資格「測量士」の試験勉強における補習の取り組みや、松阪牛の肥育実習など、多忙な学業と野球部活動を両立させている点が評価された。

 県高野連の岩出卓会長から表彰を受けた吉川秀明校長は「実習や勉強とクラブ活動の両立は大変だが、生徒たちがよく頑張ってくれた」と喜びを語った。逵兼一郎監督は「選ばれたことを自信に変えて、誇りを持ってさらに練習に取り組んでほしい」と話した。北川睦貴主将(2年)は「候補としての自覚を持って一日一日大事に練習して力をつけていきたい」と意気込んだ。

 21世紀枠は12月中旬に全国9地区の候補が発表され、2022年1月28日に出場する3校が選出される。【寺原多恵子】

〔三重版〕

あわせて読みたい

ニュース特集