府警 秋の人事異動579人 航空隊、警備部に移管 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府警は29日発令の秋の定期人事異動を発表した。規模は前年比107人増の579人(警察官552人、一般職員27人)。災害発生時の対応能力を強化するため、航空隊を地域部機動警ら課から、災害警備を主に担当している警備部警備1課に移管する。4月1日に内容が変更された国家公安委員会規則に、航空隊の災害時の警備実施が明記されたためで、全国の都道府県警で同様に移管が進んでいる。【中島怜子】

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文807文字)

あわせて読みたい

ニュース特集