特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝 男子・自由ケ丘/女子・北九州市立 県代表2校が力走誓う /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北橋健治市長(後列右から2人目)と記念撮影する自由ケ丘の選手ら 拡大
北橋健治市長(後列右から2人目)と記念撮影する自由ケ丘の選手ら

 12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する男子・自由ケ丘=写真上=と女子・北九州市立=同下=の選手らが26日、北九州市の北橋健治市長を表敬訪問し、都大路での活躍を誓った。

 2年ぶり2回目の自由ケ丘は、県予選では最終区で逆転し優勝、全国8位入賞の2年前をほうふつさせた。1区を走る西村真周選手(3年)は「都大路ではチームの勢いをつけたい」と意気込んだ。

北橋健治市長(前列中央)と記念撮影する北九州市立の選手ら 拡大
北橋健治市長(前列中央)と記念撮影する北九州市立の選手ら

 2年連続11回目の北九州市立は、過去最高の4位に入った前回メンバーが3人残る。柳井綾音主将(3年)は「全員駅伝で笑顔でたすきをつなぎ、昨年を上回る順位を目指したい」と語った。

 北橋市長は「思いを一本のたすきに込めて全力で都大路を駆け抜けて」とエールを送った。【宮城裕也】

〔北九州版〕

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集