特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

女の気持ち

別れの言葉 福岡市城南区・小森百合子(98歳)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 何の前触れもなく降って湧いたように、死ぬ間際の情景が脳裏に浮かんできました。息子夫婦と孫たちが私のベッドの周りを取り囲んで、今旅立とうとしている私を一様に深刻な面持ちで見つめています。母と祖母という私の存在だけではなく、人間の死そのものを見極めようともしているようです。

 事切れようとしている私に息子夫婦は「ママ、ママ!」、孫たちは「バーブ、バーブ!」と連呼、少しでも長くこの世に引き留めようとしています。

 孫たちが私のことを「バーブ」と呼ぶのは当時「おばあちゃん」と呼ばれることに少し抵抗があった私が、旧満州(現中国東北部)のハルビンに居た時、近くに住んでいた白系ロシア人のサマーリン家のおばあさまが「バーブシュカ」と呼ばれていたのを思い出したからです。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文541文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集