フィギュアスケート GPシリーズ

第6戦 ロシア杯 女子フリー速報=2021年11月27日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するカミラ・ワリエワ=2021年11月27日、AP
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するカミラ・ワリエワ=2021年11月27日、AP

「異次元」15歳ワリエワまた世界最高でGP連勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯が27日、ソチで女子フリーが行われた。ロシアの15歳新星・カミラ・ワリエワが、SP、フリー、総合得点すべてで世界歴代1位の得点をマークし、優勝した。ワリエワはフリーで185.29点、総合272.71点。自身が第2戦スケートカナダで出した世界最高(フリー180.89点、総合265.08点)を大幅に上回った。

 昨季の世界選手権2位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は2位。松生理乃(愛知・中京大中京高)は総合8位だった。

写真で見る最強ロシア女子軍団

友野、勝負の演技は 男子フリー全結果

 GPシリーズは、全6戦の成績上位6人がGPファイナル(12月9~11日・大阪)に進出する。(出場者が決定

写真でチェック 今年のGPファイナル出場者は

「りくりゅう」ファイナル進出!


女子最終結果

順位選手名総合得点(SP・フリーの得点)
1カミラ・ワリエワ(ロシア)272.71(87.42、185.29)
2エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)229.23(80.10、149.13)
3マイア・フロミフ(ロシア)219.69(64.72、154.97)
4マライア・ベル(アメリカ)210.35(69.37、140.98)
5ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)203.69(64.44、139.25)
6マデリン・スキザス(カナダ)192.14(67.49、124.32)
7ビクトリア・サフォノワ(ベラルーシ)185.64(58.19、127.45)
8松生理乃(中京大中京高)184.36(62.98、121.38)
9エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)175.64(56.43、119.21)
10エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)175.24(58.87、116.37)
11エバ・ロッタ・キーブス(エストニア)163.11(49.26、113.85)
12オルガ・ミクティナ(オーストリア)161.09(57.09、104.00)

第12滑走 カミラ・ワリエワ(ロシア)

S

フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するカミラ・ワリエワ=2021年11月27日、AP
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するカミラ・ワリエワ=2021年11月27日、AP

P1位=87.42

曲は「ボレロ」

まさに「異次元」だった。今季シニアデビューしたばかりの15歳とは思えない堂々とした演技に観客は総立ち。拍手が鳴り響いた。

きょうも、冒頭の4回転サルコウをはじめ、高難度ジャンプを両手を挙げてやすやすと成功させた。最初の4回転サルコウは3.88点、続くトリプルアクセルは3.31点、4回転・3回転の連続トーループは驚異の4.21点の加点がつく完成度の高さ。スピン、ステップでも柔軟さを存分に発揮し、キャンドルスピンも見せた。

得点がアナウンスされると、会場にはどよめきが広がった。

得点:185.29(世界最高)

総合得点:272.71(世界最高)


第11滑走 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)

フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するエリザベータ・トゥクタミシェワ=2021年11月27日、ロイター
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するエリザベータ・トゥクタミシェワ=2021年11月27日、ロイター

SP2位=80.10

曲は「Arabia」

大歓声の中、エメラルドグリーンの衣装で登場。冒頭、トリプルアクセル、ダブルトーループの連続ジャンプを成功。続くトリプルアクセルは着地がつまったが、それ以外のジャンプはすべて着氷した。持ち味の妖艶さがきょうも全開。演技が進むにつれて大きくなる歓声に、思わず笑顔。

得点:149.13

総合得点:229.13 この時点で1位。


第10滑走 マライア・ベル(アメリカ)

SP3位=69.37

曲は「ハレルヤ」

深紅の衣装で登場。中盤、3回転ジャンプの着地が乱れた以外はノーミス。「妖精」と呼ばれるような透明感は健在で、安定感が増した美しいスケーティングで会場を引き込んだ。

得点:140.98

総合得点:210.35


第9滑走 マデリン・スキザス(カナダ)

SP4位=67.49

曲は「蝶々夫人」より

冒頭の連続ジャンプは成功。その後2本のジャンプが着地が乱れてしまったが引きずらずに立て直し、曲の世界観をしっかりと演じた。

得点:124.32

総合得点:192.14


第8滑走 マイア・フロミフ(ロシア)

フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するマイア・フロミフ=2021年11月27日、ロイター
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するマイア・フロミフ=2021年11月27日、ロイター

SP5位=64.72

曲は「ブエノスアイレス午前零時」

今季シニアデビューの15歳。ほとんどのジャンプを両手あげて挑んだ。冒頭の4回転トーループからの連続ジャンプは高さがあった。続く4回転トーループでは着地が乱れたが、それ以外はキレのあるジャンプを跳び、ほぼノーミス演技。終盤には、羽生結弦(ANA)が得意とするハイドロブレードも見せた。

得点:154.97(技術点85.26、演技構成点69.71)

総合得点:219.69


第7滑走 ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)

フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するルナ・ヘンドリックス=2021年11月27日、ロイター
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技するルナ・ヘンドリックス=2021年11月27日、ロイター

SP6位=64.44

曲は「Andromeda (Psytrance) 」

ゴールドの衣装で登場。序盤は、3回転の連続ジャンプで着氷が乱れるなどしたが、その後は立て直した。会場からの手拍子を味方に、テンポの良いリズムにのせ、アラビア風の振り付けなどを披露。第3戦イタリア大会で世界を魅了した演技を再びみせた。

得点:139.25(技術点70.22、演技構成点69.03)

総合得点:203.69


第6滑走 松生理乃(中京大中京高)

フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技する松生理乃=2021年11月27日、ロイター
フィギュアスケートGPシリーズロシア杯の女子フリーで演技する松生理乃=2021年11月27日、ロイター

SP7位=62.98

曲は「月光」

山田満知子、樋口美穂子両コーチに師事。「月光」は、同じチームだった宇野昌磨(トヨタ自動車)が2018ー2019年シーズンに使用した曲。

冒頭、流れのある3回転ジャンプを決めると、次は3連続ジャンプを予定していたが2連続に。中盤では連続ジャンプの場面で1本目で転倒するなどもあったが、重厚な世界観を最後まで演じきった。

得点:121.38(技術点59.49、演技構成点62.89、減点-1.00)

総合得点:184.36


第5滑走 エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)

SP8位=58.87

曲は「ノートルダム・ド・パリ」より

後半、3回転ジャンプで着地が乱れる場面もあったが、キレのあるジャンプで乗り切った。

得点:116.37(技術点59.55、演技構成点57.82、減点-1.00)

総合得点:175.24


第4滑走 ビクトリア・サフォノワ(ベラルーシ)

SP9位=58.19

曲は「Your Heart Is As Black As Night」

170センチ以上の長身をいかし、ほぼノーミス演技を見せた。ブルースのボーカルにのせ、ダイナミックなジャンプを次々と決めた。演技を終えると18歳らしいあどけなさがのぞいた。

得点:127.45(技術点68.98、演技構成点58.47)

総合得点:185.64


第3滑走 オルガ・ミクティナ(オーストリア)

SP10位=57.09

曲は「Primavera」

冒頭の3回転の連続ジャンプ着氷。その後は、転倒やジャンプが抜ける場面があり、点数を伸ばすことができなかった。

得点:104.00(技術点47.04、演技構成点57.96、減点-1.00)

総合得点:161.09


第2滑走 エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)

SP11位=56.43

曲は映画「ライムライト」より「テリーのテーマ」

冒頭はいきなり3連続ジャンプを組み込む構成。わずかに回転不足になったが、続く3回転ジャンプも両手を挙げて着氷。これで流れを作り、演技後はニッコリ笑顔。

得点:119.21(技術点60.47、演技構成点58.74 )

総合得点:175.64


第1滑走 エバ・ロッタ・キーブス(エストニア)

SP12位=49.26

曲は映画「アリー」より

冒頭の3回転の連続ジャンプ着氷。続く3回転ジャンプは片手をあげて跳んだが着地が乱れた。

得点:113.85(技術点55.79、演技構成点58.06)

総合得点:163.11


女子ショートプログラム(SP)順位

SP順位選手名SP得点(技術点、演技構成点、減点)
1カミラ・ワリエワ(ロシア)87.42(49.97、37.45)
2エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)80.10(44.56、35.54)
3マライア・ベル(アメリカ)69.37(36.06、33.31)
4マデリン・スキザス(カナダ)67.49(37.12、30.37)
5マイア・フロミフ(ロシア)64.72(32.03、33.69、-1.00)
6ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)64.44(31.02、33.42)
7松生理乃(中京大中京高)62.98(32.55、30.43)
8エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)58.87(29.34、29.53)
9ビクトリア・サフォノワ(ベラルーシ)58.19(30.43、28.76、-1.00)
10オルガ・ミクティナ(オーストリア)57.09(29.23、28.86、-1.00)
11エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)56.43(26.57、29.86)
12エバ・ロッタ・キーブス(エストニア)49.26(21.83、28.43、-1.00)

あわせて読みたい

ニュース特集